公演情報

PDF表面:川井郁子コンサート・ツアー2018 Luna~千年の恋がたり

PDF裏面:川井郁子コンサート・ツアー2018 Luna~千年の恋がたり

画像をクリックすると拡大表示

和楽器と共に語り奏でる艶やかな「源氏物語」の世界

川井郁子コンサート・ツアー2018Luna~千年の恋がたり

タイトル 川井郁子コンサート・ツアー2018 Luna~千年の恋がたり
日 時 2018年2月18日(日) 1:30pm開演(1:00pm開場)
会 場 札幌コンサートホール Kitara大ホール
料 金

S ¥5,800 / A ¥4,800  (税込)

※車椅子席 ¥2,000(オフィス・ワンにて取り扱い)

出 演

川井郁子(ヴァイオリン)、長須与佳(尺八、琵琶) 他

予定曲目

第一部ヴァイオリン名曲集
●ホワイト・レジェンド~「白鳥の湖」より(チャイコフスキー)●恋のアランフェス~レッド・ヴァイオリン(ロドリーゴ)他

第二部「源氏物語」音がたり(原作:林真理子「源氏がたり」より 作編曲:川井郁子)
●プロローグ●風のあとに●夕顔●スカーレット・コンフェッション●ブルーバード 他

※曲目は変更となる場合がありますのであらかじめご了承ください。

リンク
コード [Pコード] 343-911 [Lコード] 12436

≫チケット購入方法はこちら

特別協賛:東邦ホールディングス株式会社

協賛:サントリーホールディングス株式会社、株式会社セールスフォース・ドットコム、大和ハウス工業株式会社、HARIO株式会社、富士フィルム株式会社

協力:株式会社ソニー・ミュージックレーベルズ

ヴァイオリニスト・作曲家として、独自の活動を続ける川井郁子のコンサートが、3年ぶりに札幌Kitaraホールにて開催されます。

今回は、ソニー・ミュージック移籍第一弾となる、7年ぶりのオリジナル・アルバム「川井郁子/LUNA」発売記念ツアーの一環として行われる札幌公演で、第一部はアルバム収録曲を中心に、そして第二部では、川井郁子作・編曲作品で構成された「源氏物語」の世界を尺八・琵琶奏者として活躍中の長須与佳との共演でお楽しみいただきます。

川井 郁子 (ヴァイオリニスト/作曲家)

川井 郁子

香川県出身。
東京芸術大学卒業。
現在、大阪芸術大学 芸術学部 教授。

国内外の主要オーケストラをはじめ、世界的コンダクターのチョン・ミョンフンや世界的テノール歌手のホセ・カレーラスなどと共演。

さらにジャンルを超えてジプシー・キングス等のポップス系アーティスト、バレエ・ダンサーのファルフ・ルジマトフ、熊川哲也、フィギュアスケートの荒川静香らとも共演している。

作曲家としてもジャンルを超えた音楽作りに才能を発揮。TVやCM等、映像音楽の作曲も手がける。

またミシェル・クワン選手が「レッド・ヴァイオリン」、羽生結弦選手が「ホワイト・レジエンド」、村上佳菜子選手が「ヴァイオリン・ミューズ」を使用するなどフィギュアスケートの世界でも楽曲が多く使用されている。

2000年5月 アルバム「The Red Violin」でデビュー

2008年 ニューヨークのカーネギーホール公演で、アメリカデビュー。

2010年 映画「トロッコ」で初の映画音楽を担当し、翌年の大阪アジア映画祭で音楽賞を受賞。

2012年 映画「北のカナリアたち」で音楽を担当し、第36回日本アカデミー賞で最優秀音楽賞を受賞。

2015年 デビュー15周年。パリのオペラ座公演で、フランスデビュー。

2016年 一人芝居の舞台「源氏物語~音がたり~」の上演

2017年 ジャコメッティ展のテーマ曲を手掛ける

社会的活動として「川井郁子 Mother Hand 基金」を設立。国連UNHCR協会国連難民親善アーティスト、全日本社寺観光連盟親善大使を務める。

使用楽器 : アントニオ・ストラディヴァリウス (1715年製作、大阪芸術大学所蔵)
川井郁子ホームページ http://www.ikukokawai.com/

<川井郁子ファンクラブ事務局>
TEL:0478-79-6510 FAX:0478-79-6511 E-MaiI:muse@ikfanclub.com

ヴァイオリンの女神(ミューズ)川井郁子、7年ぶりのオリジナル・アルバム、
11月1日発売決定! ソニー・ミュージック移籍第1弾!

CDジャケット写真

ヴァイオリン・ミューズ、7年ぶり、全17曲。激しくも美しい月への誘い川井郁子/LUNA

■発売日:2017年11月1日
■価格:¥3,000+税
■品番:SICL-30039

情熱のヴァイオリニスト川井郁子が、新たな音楽的挑戦に取り組みます。7年ぶりのオリジナル・アルバムは、和の世界とオリエンタルな熱い世界観から構成された意欲作です。アルバムのコンセプトは『月』。夜空に浮かぶ月の幻想的世界、そして太古より月と対峙してきた人々の想いと営み。その世界を、美しいヴァイオリンの響きで、艶やかに描きます。和の世界というと静かなイメージを思い浮かべる方も多いと思いますが、川井が感じる和はとても躍動的。表面的には静かでも、中には熱くうごめいているものがあるという世界観を、クラシックの名曲をアレンジしたものとオリジナル楽曲の両方で表現します。ジャコメッティ展テーマ曲「流星」収録。ソニー・ミュージック移籍第1弾アルバム。

【収録予定曲】
流星(「ジャコメッティ展」テーマ曲)/ホワイト・レジェンド/赤い月/群青の宙(BSフジ「小山薫堂 東京会議」特別編エンディングテーマ)/時の彼方に/さくら/ポロ/展覧会の絵/ミッドナイト・ロード(映画「ミッドナイト・バス」テーマ曲)/夕顔〜源氏物語より〜/恋のアランフェスブルーバード  他
全17曲予定

≫スケジュール一覧にもどる