公演情報

PDF表面:ホセ・カレーラス テノール・リサイタル

PDF裏面:ホセ・カレーラス テノール・リサイタル

画像をクリックすると拡大表示

CREDIT SAISON PRESENTS

ホセ・カレーラス テノール・リサイタルIntima いとしいひと

タイトル ホセ・カレーラス テノール・リサイタル Intima いとしいひと
日 時 2018年11月7日(水) 7:00pm開演(6:30pm開場)
会 場 札幌コンサートホール Kitara大ホール
料 金

S¥24,000 A¥19,000 B¥14,000 P¥9,000
SS¥30,000(1階1~6列/限定125席)

※SS席売り切れ ※料金はすべて税込

※車椅子席 S¥24,000 A¥19,000 (オフィス・ワンで取り扱い)

※P席は舞台背面の席になります。 ※未就学児入場不可

予定曲目

●ナーチョ「いとしいひと」●トスティ「かわいい口元」●ファルヴォ「彼女に告げて」●レンディーネ「望郷」他

コード [Pコード] 117-395 [Lコード] 11900

≫チケット購入方法はこちら

世界最高峰のテノールとして知られるホセ・カレーラスのリサイタルが開催されます。

1970年バルセロナのリセウ劇場でのプロデビュー、彗星のように現れたカレーラスは異例の若さで世界有数の劇場や音楽祭に出演、またたくまに世界的スターとしての名声を確立します。

1987年キャリアの絶頂期にあって、白血病の診断を受けますが、骨髄の自己移植手術により奇跡的に生還、劇的な復活を果たしたことでも話題になりました。

これまで、数多くのオペラ出演の他、リサイタル活動にも意欲的で、バロックから現代音楽まで幅広いジャンルのレパートリーで世界中の人々を魅了しております。

1990年ローマ、1994年ロサンゼルス、1998年パリ、2002年横浜で、ドミンゴ、パヴァロッティと共に「三大テノールの競演」を開催、この特別なイベントは、世界中の注目を集め、オペラ界に空前の衝撃を与えました。

又、白血病の研究と骨髄提供者登録推進のための支援活動のため「ホセ・カレーラス国際白血病財団」を設立、音楽家としての活動と共に、最も重要なライフワークとして精力的に取り組んでおります。

ホセ・カレーラス (テノール)  José Carreras, Tenor

ホセ・カレーラス

スペインのバルセロナに生まれ、1958 年に子役としてリセウ大劇場でデビュー。プロとしては、1970 年にリセウ大劇場で《ナブッコ》と《ルクレツィア・ボルジア》に出演。彗星のように現れたカレーラスは異例の若さで世界有数の劇場や音楽祭にデビューを果たした。

オペラのレパートリーは60 作品以上に及び、特に《アンドレア・シェニエ》、《ラ・ボエーム》、《トスカ》、《ウェルテル》、《ドン・カルロ》、《カルメン》、《運命の力》、《道化師》、《愛の媚薬》、《仮面舞踏会》等には何度となく出演している。

リサイタルのレパートリーはバロックから現代音楽まで600 曲以上の幅広いジャンルを誇る。レコーディングは150 以上に及び、世界中のゴールドおよびプラチナ・ディスクを数多く受賞。

プラシド・ドミンゴ、故ルチアーノ・パヴァロッティと共演した「三大テノール」のイベントでは全世界の20 億以上の観衆を魅了した。

また、1988 年以来、カレーラスは音楽家としての活動と共に「ホセ・カレーラス国際白血病財団」の活動に全精力と情熱を捧げている。この財団はバルセロナで設立され、アメリカ合衆国、スイス、ドイツに支部を置いており、カレーラスが現在最も優先し、重要なライフワークの一つにしている活動である。

≫スケジュール一覧にもどる