公演情報

PDF表面:反田恭平ピアノ・リサイタル2017全国縦断ツアー

PDF裏面:反田恭平ピアノ・リサイタル2017全国縦断ツアー

画像をクリックすると拡大表示

クラシック界を震撼させた若き鬼才!北海道初のソロ・リサイタルが実現!

反田恭平ピアノリサイタル2017全国縦断ツアー

タイトル 反田恭平大ピアノ・リサイタル2017全国縦断ツアー

札幌公演

日 時 2017年8月3日(木) 7:00pm開演(6:30pm開場)
会 場 札幌コンサートホール Kitara大ホール
料 金

指定席 ¥3,000 (税込)

※会員割引なし  ※未就学児の入場不可

曲 目

●武満徹:遮られない休息●シューベルト:4つの即興曲 D899 Op.90●ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ●リスト:ピアノ・ソナタ ロ短調 S.178

函館公演

日 時 2017年8月4日(金) 7:00pm開演(6:30pm開場)
会 場 函館市芸術ホール
料 金

指定席 ¥3,000 (税込)

※会員割引なし  ※未就学児の入場不可

※Kitara、大丸プレイガイドでは取扱いません。

※3/25(土)発売  ※2/18(土)より会員先行予約受付

※3/10(金)より一般先行予約受付

曲 目

●スクリャービン:幻想曲●ドビュッシー:喜びの島、月の光●シューマン:ウィーンの謝肉祭の道化

●ショパン:4つのマズルカOp.24、12の練習曲Op.10

両公演共通

リンク
コード

札幌公演 [Pコード] 323-376 [Lコード] 12232

函館公演 [Pコード] 322-716 [Lコード] 12186

2015年、デビューアルバム「リスト」発売後、圧倒的な演奏で日本クラシック界を震撼させた若き鬼才、今、もっとも注目されているピアニスト反田恭平の北海道初ソロ・リサイタルが札幌と函館で実現いたします。

反田恭平 Sorita Kyohei, Piano

反田恭平

1994年生まれ 2012年 高校在学中に、第81回日本音楽コンクール第1位入賞(高校生での優勝は11年ぶり、併せて聴衆賞を受賞)、毎日新聞社主催による全国ツアーで好評を博す。2013年、桐朋学園大学音楽学部に入学するも、同年9月M.ヴォスクレセンスキー氏の推薦によりロシアへ留学。2014年チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院に首席で入学。

2015年5月「チッタ・ディ・カントゥ国際ピアノ協奏曲コンクール」古典派部門で優勝。

同年7月、デビューアルバム「リスト」を日本コロムビアより発売。

9月には、東京フィルハーモニー交響楽団定期への異例の大抜擢を受け、ラフマニノフ:パガニーニの主題による狂詩曲 を熱演し、満員の会場で大きな反響を呼んだ。12月には「ロシア国際音楽祭」にてマリインスキー劇場管弦楽団とのコンチェルトと、リサイタルでマリインスキー劇場デビューを果たす。

2016年1月のデビュー・リサイタルは、サントリーホール2000席が完売し、圧倒的な演奏で観客を惹きつけた。

7月にはトリノで、Aバッティストーニ指揮RAI国立交響楽団とラフマニノフのピアノ協奏曲第2番のセッション録音を行い、11月に発売。

8月の3夜連続コンサートをすべて違うプログラムで行い、各日コンサートの前半部分をライブ収録しその日のうちに持ちかえるというCD付きプログラムも話題になる。 また、このチケットは、一般発売当日に完売し、3日間の追加公演を行うなど、もっとも勢いのあるピアニストとして注目されている。

現在、M.ヴォスクレセンスキー、S.・クドリャコフ、A.ガマレイ各氏に師事し、 ロシアを拠点にし、国内外にて演奏活動を意欲的に行っている。

オフィシャルファンクラブ

YouTube Channel

Facebook

Twitter: @kyohei0901

CDジャケット写真

ALBUM2015/07/22Release

リスト

COGQ-78 ¥3,000+税

SACD Hybrid

凄まじいテクニック、繊細極まる豊かな抒情、大ヴェテランのような味わいを身につけたピアニストの超新星、反田恭平!反田恭平の新作を聴いて、こんなに気持ちの良いピアノの音を聴いたのは久しかったと実感した。その理由は何と言っても今の反田が一切の迷いなく、彼自身の言葉で語っているからである。・・・

平林直哉(音楽評論家)

(デビューアルバム「リスト」解説文より抜粋)

芸術の世界では“若い”という言葉は“未熟”を連想させるためか、どちらかというとあまり歓迎されない。しかし、このディスクの反田+バッティストーニのゴールデン・コンビには、“若い”は利点しか存在しないばかりか、若さを超越したものを感じさせる。何か大きなものを“打ち立てた”と言っても良いだろう。・・・・・反田とバッティストーニ、予測不能な若き怪物2人、当分の間、目が離せそうにない。

平林直哉(音楽評論家)

(ニュー・アルバム「ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番」解説文より抜粋)

≫スケジュール一覧にもどる